新台

新台の『蒼天の拳 朋友』を打ってみて思ったこと

スポンサーリンク

こんにちは、CKです!

今回は、新台の「蒼天の拳 朋友」について実際に打ってみて思ったことを書いていきたいと思います!

新台初日に蒼天の拳を初打ちしてみましたが、高設定かな?と思える台を打てたので、それも踏まえて個人的な意見を書いていきたいと思います。

個人データ(履歴)

・247G-死合の刻
65G(引き戻し)
15G(引き戻し)
・557G-死合の刻
18G(引き戻し)
・68G-(宿命)天授の儀

79G(引き戻し)
45G(引き戻し)
18G(引き戻し)
80G(引き戻し)
62G(引き戻し)
79G(引き戻し)
173G(引き戻し)

※上記の引き戻しは全てが伝承試練の引き戻しではなく、天授の儀の初期ストックの引き戻しも合わせて書いています。

└エンディング

・43G-死合の刻
168G(引き戻し)
・82G-死合の刻
・392G-死合の刻

38G(引き戻し)
49G(引き戻し)
・564G-死合の刻
407G-やめ


グラフ的には良さそうですが、天授の儀での一撃1700枚もあったりと引きにも左右された部分はある感じでした!

また、高設定と確信できるような挙動や確定演出がなかったので(現状出ている情報では)、実際は設定4くらいなのかなと思いながら打っていました。

設定示唆関連

特殊キャラの「美福庵主」(青背景)は、撮り忘れていましたが、4回ほど出たのであまり設定差はなさそうな感じでした。

また、特殊キャラの「羅虎城」も1回だけ出ましたが、こちらは若干期待できるのかなと思います。一応要注目キャラみたいですが、設定456の期待度アップ?程度なのかなと個人的には思いました。

(456示唆?456濃厚?)

また、バトルボーナス中のキャラ紹介ムービですが、普通は青(仲間キャラ)だけの紹介or赤(敵キャラ)だけの紹介ですが、青と赤が交互で紹介されるときがありました。

個人的に青と赤の交互の紹介は、
「高設定示唆?」かなと思いました。

(関係がなかったらすみません。汗)


(青と赤の交互は2回だけありましたが、1回目は復活したので、ただの復活示唆かな?と思いましたが、2回目のときは復活しなかったので高設定示唆ではないかなと思いました。)

青い画像は謎のピンボケしていますが(^^;)

スポンサーリンク

まとめ

実際に新台の蒼天の拳を打ってみて思ったことは、コイン持ちが悪いので投資がかさむ可能性があることと、高設定でも小役の引きによっては中ハマりは普通にあるのかなと思いました。

また、伝承試練という引き戻しと初当たりの区別がつかないので、履歴から打つ際は注意が必要かなと思いました!


173Gで初当たりとも見えますが、実際は173Gで引き戻したときの履歴です。(※伝承試練の引き戻しではなく、天授の儀のストック分が引き戻し扱いとしてAT終了後の通常時に出てきました。)

一見すると初当たりにも見えますね(^^;)

ですので、軽く当たっているような台でも、実はたまたま引き戻しが噛み合っただけのデータの可能性もあるので、履歴からの高設定の判断は結構難しいのかなと思いました。

少なくとも、HEY鏡みたいに直当たりATとボーナスみたいに設定差のある部分が分かれていないので、履歴打ちは特に注意が必要かなと思いました!

高設定の安定感にはやや欠けそうですが、出玉スピードは速いのでサクッと出玉を出せるときもあります。

この台の風が強いのが気になりますが(^^;)、ホールの特定日や今後の増台や新台時なども注目してみてもいい機種ではないかなと思っています!

また機会があれば狙ってみようと思います!

サイトセブンはこちら

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。
応援クリックよろしくお願い致します。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

関連記事